古典的なデザインのマルセイユタロット

 

マルセイユタロットは、タロットカードの一種で、非常にポピュラーなデッキの一つです。マルセイユタロットは、フランスのマルセイユ地域で生まれたとされており、18世紀に制作された古典的なデザインが特徴です。

 

マルセイユタロットは、通常、78枚のカードで構成されています。これは「大アルカナ」と「小アルカナ」の2つのグループに分けられます。大アルカナには、0番or22番の「愚者」から21番の「世界」までの22枚のカードが含まれており、人生の旅や精神的な道程を表現しています。小アルカナには、四つのスート(ワンド、カップ、剣、貨幣)ごとに1から10までの数字カードと、4つの王、女王、騎士、ページの各位が含まれています。小アルカナは、日常的な出来事や個人の経験を表しています。

 

自身の迷い事、これからの指針を決めるためにもタロットというのは多くの役割を担っています。

 

タロット占い師ステフの信念は、1時間の対話を通して直面している問題をすべて解決の方向に向かわせることです。

 

 

ステフのタロットリーディング

私たちkiki was cryingでは専門のタロットリーディングのプロと業務提携を結んでいます。

タロットの本場、マルセイユのタロットを使い一時間かけてじっくりと現在の迷いを解決に向かうための手伝いをします。

 

本場のタロットをまずはお試し価格で是非体験を。